• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

北陸新幹線 整備早く

2012年11月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

促進同盟会が漆原氏らに

 

要望を受ける漆原氏(左から4人目)、魚住氏(左端))=13日 国会内

 

 

公明党の漆原良夫国会対策委員長は13日、衆院第1議員会館で、北陸新幹線建設促進同盟会(会長=石井隆一富山県知事)などから、北陸新幹線の整備促進等に関する要望を受けた。富田茂之党国土交通部会長(衆院議員)と、魚住裕一郎、山本香苗の両参院議員が同席した。

 

石井会長らは、2014年度末までに予定されている長野―金沢間の着実な開業とともに、(1)金沢―敦賀間の早期完成・開業(2)敦賀―大阪間のフル規格による整備方針の明確化(3)並行在来線への支援―などを求めた。

 

漆原国対委員長は「一日も早く実現できるように全力で取り組んでいく」と述べた。

 

(2012/11/14付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ