• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

三重県鳥羽水族館で古田館長と対談

2013年03月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

三重県の鳥羽水族館の古田館長と

今日の午前中、三重県の鳥羽水族館を訪れ、古田館長とお会いさせて頂きました。

イルカやアシカ、ラッコなどの海獣類が多く、特に人魚伝説のモデルとも言われるジュゴンを、日本で唯一飼育している水族館です。

お忙しい中、館内もご案内して頂き、途中、セイウチと記念撮影をしました。

 

「魚住」という私の名前にも、魚の文字があるせいか、水中の生き物(特に魚)には特に愛着があり、とても充実したひとときを過ごすことができました。

 

水族館が海沿いに面しているため、日頃から津波や防災に対しての意識も高く、高台への津波避難マップを作成するなど万全の備えをしており、本当に多くのことを学ばせて頂きました。

今日の貴重な出会いを更なる決意に変えて、これからも防災・減災への取り組みを全力で推進して参ります!



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ