• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

太田昭宏・国土交通相と「命を守る新しい公共事業」を

2013年04月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

太田昭宏・国土交通相、漆原良夫・党国会対策委員長と共に石川県金沢市

太田昭宏・国土交通相と、漆原良夫・党国会対策委員長と共に石川県金沢市へ。
石川県本部主催の「政経懇話会」に出席しました。

 

太田大臣の「公明党は、生活者や地域に根差し、被災者に寄り添う政治を貫いていく!」との力強い呼びかけに、会場から賛同の拍手が寄せられました。

何よりも、「命を守る新しい公共事業」を推進する太田大臣に大きな期待が集まっていることを実感します。
私も改めて、公明党の使命と自覚を深めました。
 
今、東日本大震災の復旧・復興に真剣に取り組んでいるのは、公明党だと胸を張って語れます。
「大衆とともに」との立党精神を忘れず、地方議員と国会議員が連携して取り組んでいます。
遅い・鈍い・心がないといわれた民主党の対応とは違い、新政権では、「早い・敏感だ・心がこもった」対応をしています。
希望が持てる政治の実現に向けて、全力で取り組んでいきます。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ