• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

市議会議長会の要望受ける

2013年01月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

伊藤氏ら

 

要望を受ける伊藤渉総務部会長代理、古屋範子衆院議員、魚住裕一郎参院議員

 

 

 

公明党の伊藤渉総務部会長代理(衆院議員)は18日、衆院第1議員会館で全国市議会議長会の大島明国会対策委員長(川崎市議会議長)らから来年度予算に対する重点要望と、東日本大震災からの復旧・復興に向けた対応に関する要望を受けた。古屋範子衆院議員と魚住裕一郎参院議員が同席した。

 

大島委員長は、来年度予算概算要求における地方交付税が前年度より減額していることに言及。地方財源が厳しさを増していることを考慮し、地方自治の強化を含めて交付税の現状維持か、できる限りの増額を求めた。

 

そのほか、(1)自動車取得税・重量税は地方への代替財源の確保なしに廃止をしない(2)地球温暖化対策に関する地方税財源の確保―などを要望した。

 

(2013/1/21付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ