• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

湖北大橋の補修工事を視察

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「湖北大橋」の補修工事を視察

石川県津幡町で「湖北大橋」の補修工事を視察しました。
工事現場の皆様、関係者の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

 

「湖北大橋」は築44年が経過した橋です。
驚きをもって拝見しました。橋桁(はしげた)の鉄製主桁(しゅげた)の一部が腐食し、穴があき、指で塗装が剥がし得るという著しい経年劣化でした。
今回の工事は、支承(ししょう)を支えるコンクリート土台を拡幅し、地震による揺れにも対応できるようにするものでした。
全国には、同時期に建設された橋梁(きょうりょう)が、今も数多く使用されています。

 

だからこそ、公明党の進める「防災・減災ニューディール」が希望となります。
全国の橋やトンネルなどの安全確保に全力で取り組みます



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ