• Twitter
  • Facebook
  • Youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

法改正が実現。たゆまぬ挑戦を誓う

一昨日、野党3党が提出した安倍総理に対する問責決議案が参議院本会議に緊急提出され、野党側の賛成多数で可決されました。国民生活に直結する法案審議よりも政局を優先した民主党らの姿勢は、党利党略と言わざるをえない。私は断じて許せません。

 

一方、衆議院で「ストーカー規制法」と「DV防止法」の改正案が可決、成立しました。ともに公明党がリードし、私も担当。

 

今回の改正により、ストーカー規制法では、拒まれた相手への大量のメール送信を取り締まりの対象に追加。また、被害者の住所地だけでなく、その居所、加害者の住所地や違法行為があった場所の警察署も警告を出せるようになります。

 

DV防止法では、配偶者と元配偶者に加え、一緒に暮らす交際相手からの暴力も保護の対象に。被害者への加害者の接近などを裁判所が禁止できるようになりました。

 

ストーカーもDVも、さらなる対策が必要です。被害者が身を寄せる民間シェルターの拡充など、あらゆる角度から、たゆまず取り組み続けます!

 

【魚住ゆういちろうメールマガジン Vol.24】

 

一昨日の公明党両院議員総会



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ