• Twitter
  • Facebook
  • Youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

治すための手術を、あきらめない。

きょうも「中日新聞」朝刊の社会面に、公明党の広告が載っています。今回は「白内障」がテーマです。白内障は、70歳以上の8割を超える方がかかる病気。ところが、1992年3月末以前は、手術を受けるには片眼で約15万円、両眼だとその倍の費用が必要でした。

 

「手術したくても、とても払えない」。そんな切実な声が、公明党議員のもとに寄せられたのです。わが党はまず地方自治体での助成実現に取り組み、同年2月には、公明議員の国会質問が決定打となって保険適用が実現!

 

「見える! うれしい。公明党のおかげです」。党本部には、手術をした方からの喜びの声をたくさん頂戴いたしました。

 

保険適用から20年近くがたち、手術件数は1000万件を超えました。これからは、遠近両用の「多焦点眼内レンズ」への保険適用など、さらに充実した制度にしていきます。

 

お年寄りが安心していきいきと暮らせる社会が、本当の福祉社会。魚住は、社会の“小さな声”を実現するため、全力で戦い抜きます!

 

【魚住ゆういちろうメールマガジン Vol.29】

 

治すための手術を、あきらめない。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ