• Twitter
  • Facebook
  • Youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

42万円のバースデイサポート。

「42万円のバースデイサポート。」とのキャッチフレーズだけを見ると何のこと? と思われるかもしれません。でも、最近赤ちゃんが誕生したご家庭ならピンときたのでは。42万円とは出産育児一時金、つまり、お一人が誕生する度に支給される金額です。この内容が、きょうの東海地方で発行された「中日新聞」朝刊1面に広告で掲載されています。

 

1994年に創設された30万円の出産育児一時金は、公明党の実績の一つ。その後も、出産に伴う費用を無利子で貸し付ける出産費貸付制度の創設など、着々と制度を育ててきました。そして2006年には出産育児一時金を35万円に増額、さらに2009年には42万円へ。

 

もちろん生まれた時のことだけではなく、子どもの成長に合わせて児童手当や奨学金制度の拡充といった経済的支援策も実現。日本のこれからを担う子どもたちの未来が明るいものであるように。公明党、そして魚住ゆういちろうは、ブレずに、まっすぐ応えていきます。

 

どうか、皆さまの大切な清き一票を、「魚住」に投票ください。よろしくお願い申し上げます。

 

【魚住ゆういちろうメールマガジン Vol.32】

 

42万円のバースデイサポート。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ