• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

働きたい! ママの声に応えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

働きたい! ママの声に応えます

公明党が安倍首相に対し、先月、「ワーク・ライフ・バランス」に関する提言を申し入れました。「ワーク・ライフ・バランス」とは、仕事をしながら、育児や介護、地域活動に参加できる豊かな生活を目指すものです。

 

党青年委員会が今年、全国で実施したアンケート(回答数28万6037人)では、子どものいる回答者が「子育てする上で困っていること」としては、「お金が掛かる」が58.7%、「仕事と両立できない」が23.8%、「育児休暇を取れない」が14.9%。仕事と子育てを両立したくても難しいのが現状です。

 

だからこそ、公明党は男女とも正規・非正規を問わず、子どもが3歳になるまで育児休業を取れるような制度づくりを推進。また、子どもが急に熱を出した時に利用できる看護休暇制度の対象児童を、現行の「就学前」から「就学後の児童」に拡充します。

 

私、魚住ゆういちろうは、国民目線の政治を貫き、女性が働きやすい職場環境の改善に努めて参ります。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ