• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

魚住の成長戦略1「再生医療で世界をリード!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

実感できる景気回復

実感できる景気回復へ。

「魚住ゆういちろう」は、皆さまのお給料が増えることこそ真の景気回復と考えています。そのためには、自動車に続く世界的な産業が育たねばならない。成長戦略を力強く実行することが重要です。

 

ノーベル賞学者・山中京大教授に代表されるように、日本の再生医療研究は世界トップレベル。そのレベルをさらに高め、再生医療製品を次々と生み出せば、今後高齢化が進む諸外国へ大きな輸出が期待できます。

 

2012年、世界で3400億円規模と言われた再生医療市場は、先進国の高齢化と共に2030年には、50倍規模の17兆円になる想定です。拡大が期待される市場を日本の技術と製品で席巻する。それが私の目標です!

 

くしくも愛知県東三河には、「皮膚再生」「軟骨再生」で有名な再生医療ベンチャー企業があるなど、先端医療関係の技術革新のポテンシャルが高い。

愛知から日本へ、そして日本から世界へ。

 

魚住ゆういちろうは、再生医療をはじめ先端医療を育てる「成長戦略」で、新たな産業を育て、新しい雇用を生み出していきます!

 



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ