• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

新しい産業を育て新しい雇用を創出

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

昨年9月、魚住の強力な後押しで「造血幹細胞移植推進法」が成立。

これにより、白血病など血液の難病治療に有効な造血幹細胞の移植が一体的に推進されるようになりました。

また、iPS細胞などの再生医療研究に「さい帯血」を活用することも可能に。魚住ゆういちろうは、今後も日本の“成長のエンジン”となる新しい産業を育て、新しい雇用を生み出します。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ