• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

届きましたか? 無料クーポン

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今年も全国で、がん検診の「無料クーポン券」と「検診手帳」が対象者のお宅に、郵送され始めています(時期は自治体によって異なります)。対象者は、乳がんが前年度に40・45・50・55・60歳になった女性、子宮頸がんが同じく20・25・30・35・40歳になった女性、大腸がんが同じく40・45・50・55・60歳になった男女です。

 

2人に1人が、がんにかかり、3人に1人が、がんで亡くなる日本。しかし、検診受診率は先進諸国の中で最低レベル。早期発見を妨げる原因になっています。

 

そこで公明党は、まず乳がんと子宮頸がんの検診無料クーポンを強く訴え、2009年に実現。今年で5年目を迎え、対象の全年代の女性に配布できました。この間、検診受診率が約2割アップするなど、大きな効果をあげています。さらに一昨年からは、大腸がんの検診無料クーポンも加わりました。

 

単に無料にするのではなく、クーポンを配ったとろに、公明党の知恵が光っています。このほうが断然、話題になり、意識啓発につながります。私も各地で「クーポンを使って受診してみたら、がんが見つかって助かった」という声を聞きます。何より嬉しいです。

 

皆さんの命と健康を守るために、魚住はさらに働きます!

 

【魚住ゆういちろうメールマガジン Vol.21】

 

名古屋市の「検診無料クーポン券」の一部



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ